現在の階層
  1. ホーム
  2. 会社情報
  3. 社会・国際貢献

社会・国際貢献「地域社会とともに」

社会福祉

昭和46(1971)年にこじま保育園の設立・運営を始めてから今日まで、当社のグループ団体である社会福祉法人・こじま福祉会が主体となり、地域とともに社会の役に立てる活動に取り組んでいます。

こじまこども園(2010年4月に名称変更)

こじまこども園

昭和40年代、豊田市内の人口増加、さらに女性の職場進出やパートタイムで働く主婦が目立つようになった時代背景もあり、豊田市では初となる企業と地元の協力で、昭和46(1971)年5月、こじま保育園が設立されました。園児数も150名を超える大所帯に成長した今も、園児と地元のお年寄りとの交流が続く、地域に根ざした保育施設として運営されています。

こじまキャンパス

こじまキャンパス

より良い社会づくりに貢献するとともに、社外にも当社の『和』の精神を広げていこうといった観点から、昭和52(1977)年10月、愛知県下初の身体障害者福祉工場『ワークキャンパス日進』(現・こじまキャンパス)が設立されました。
「障害を持つ人も自力で社会生活ができ、やればできるという自信を持つ」ことを基本的な考え方として、運営が進められています。

豊田市さくらワークス(2012年4月に名称変更)

さくらワークス

こじまキャンパスを長年運営してきた経験とノウハウが認められ、建物は豊田市、運営はこじま福祉会という、官民一体の身体障害者通所授産施設『さくらワークス』が平成5(1993)年に設立されました。現在は自動車部品だけでなく、「自分達でつくり上げたと実感できる仕事を」という考えから、クッキーの製造・販売も行い、地元の銘菓に数えられるほどに成長しています。

地域交流

当社は地域との交流を大切にしており、定期的にふれあいの場を設けるために、様々な行事を行っています。
また、防犯パトロールや清掃活動などにも取り組んでいます。

地域観桜会

地域観桜会

誠和寮では、春に地域観桜会を開催しています。毎年、たくさんの地域の方々が参加され、桜を見ながら交流を深めています。

納涼盆踊り大会

納涼盆踊り大会

誠和寮では、夏に納涼盆踊り大会を開催しています。地域の方々やこじまこども園の園児が浴衣姿で踊るなど地域交流を深める行事に定着しています。

夜間防犯パトロール

夜間防犯パトロール

地域に貢献できる活動として、寮生による夜間防犯パトロールを実施しています。現在では管理職も参加するなど、地域への貢献活動が広がっています。

地域の清掃活動

地域の清掃活動

社員による挙母神社の境内清掃活動は1992年から、寮生による境内清掃活動は1997年から始まりました。自分達の町を自分達の手できれいにする活動の輪が広がっています。

国際交流

「日本について学びたいと考えている学生が増加する中、彼らを受け入れ、日本について正しく理解してもらい、帰国後それぞれの国で日本との交流の架け橋になってもらいたい」という考えから、昭和59(1984)年に(財)コジマ国際育英協会を設立し、小島会長の生家をコジマ・アミティエ寮(現・こじま留学生寮)として開設しました。短期留学生の受け入れから始まり現在では中国青海省技術研修生制度として教育支援や人材育成まで広がっています。

青海省技術研修生

青海省技術研修生

駐名古屋中華人民共和国総領事館の支援のもとで、中国青海省から技術研修生を受け入れています。受け入れは2006年から始まり、日本のものづくりや文化を学んでいます。また、青海省との交流として、教育・文化施設の設立支援や、奨学金・奨励金制度など、青海省の人材育成や発展に貢献しています。

こじま留学生

こじま留学生

コジマ財団では、アジア各国より留学生が日常生活の中で日本文化を学ぶ場として、こじま留学生寮を提供しています。このような国際貢献は25年を過ぎた今でも続けられており、日本の文化やものづくりがアジア各国に広がる良い機会になっています。

会社情報

ページの先頭へ