企業概要

事業拠点BUSINESS SITES

本社工場

所在地 〒470-0431 愛知県豊田市西中山町丸根25番地1
電話番号 0565-76-1232(代表)
設立 昭和43年8月22日
資本金 4,800万円
敷地面積 37,139m2
建物面積 21,863m2

大きな地図で見る

扶桑工場

所在地 〒471-0009 愛知県豊田市扶桑町9丁目168番地
電話番号 0565-80-2527(代表)
設立 昭和56年5月
敷地面積 3,208m2
建物面積 2,279m2

大きな地図で見る

松阪工場

所在地 〒515-0053 三重県松阪市広陽町22番
(航空機部品生産協同組合内)
電話番号 0598-30-6272
事業開始 2016年10月

大きな地図で見る

沿革HISTORY

西暦 出来事 概要
1968年8月 豊田市鴻ノ巣に小島グループ6番目の会社として誕生 金属プレス小物商品仕入(80トン以下)の購買及び小物プレス工場として分離独立
1981年1月 金属プレス生産部門を扶桑工場へ移転 鴻ノ巣本社工場が手狭となり、商品仕入部門と生産部門の分離
1981年11月 TQC賞受賞 3年間の活動を経て受賞、様々な管理の見直しが行われ、当社の体制づくりの基礎となった
1984年1月 本社工場を藤岡町へ移転 事業拡大に伴い本社工場を移転。同時に物流拠点としてスタート
1988年8月 トヨタ車体株式会社様との直接取引き開始 グループ金属部品を移管し、商流力アップにて売上確保
1997年5月 扶桑工場が精密プレス工場として生まれ変わる 豊田自動織機様からウェイティングアームの受注を頂き、国産化に成功。それにより精密プレス部品の受注拡大
2002年3月 藤岡本社工場の増築 社内及びグループ分取り扱い部品の増加対応のため
2002年7月 小島グループ部品受入の着手 藤岡地区を中心としたグループ部品の受入完了に向け、会社員で取組みを展開、本格的に物流センターとしてスタート
2003年1月 自動ラックの稼動 4万箱を保管・制御する自動ラックの稼動
2008年6月 RFIDシステム(リライトかんばん)のモデル工場開始 EDI(電子データ交換)の共通化に向けRFIDを試験的に導入
2010年7月 ハイブリッド成形開始 金属プレスと樹脂成形が同時加工できる設備開発
2010年9月 洗浄設備導入(部品、通箱洗浄) 導電性異物除去設備導入にて電子部品分野へ新規参入
2013年4月 AGV(自動搬送車)本格稼動開始 AGV(自動搬送車)による集荷作業が本格的となる。同時に自動ラックとの同期化を実現
2014年1月 本社新食堂・統合事務所の稼動 更なる福利厚生の充実と、新規部品受注のプレゼンルームの新設
2015年4月 航空機部品生産協同組合が設立 航空機部品製造会社9社により航空機部品生産協同組合が設立され、当社が参入いたしました。
2016年5月 航空機部品の生産開始 親会社である小島プレス工業(株)内のサテライト工場にて機械組み立て部品の量産の開始。
2016年10月 松阪にて航空機部品事業開始 航空機部品生産協同組合 松阪クラスター共同工場に設備を移設し松阪の地にて事業の開始。