東北KAT株式会社

先輩社員の声

菅原 美憂[担当業務:組付け]

1)東北KATを選んだ理由

トヨタ自動車東日本 岩手工場が地元にあることから自動車の製造は、とても身近で昔から興味がありました。
就職活動を行っている時に自動車の部品を作っている東北KATを知り、「私も自動車産業に携わりたい!」という思いから東北KATを選びました。


2)東北KATってどんな会社?

職場は和気あいあいでとても良い雰囲気です。また福利厚生が充実していて昼食、ドリンクが全て無料な事も魅了の1つです。誕生日には、お祝いのクッキーが贈られたり、社員を何よりも大切にしている会社だと思います。


3)現在の仕事内容

私が今行っている業務は組付けという仕事です。この仕事は成形工程で作られた製品同士をねじ等で組み合わせる作業で、スピードと正確性が求められます。組付け作業が終わった製品は検査を行い、そこから梱包された製品の運搬等を行います。


4)どのような時に仕事のやりがいを感じますか?

車は日常生活には欠かせないものです。その車の部品を作っているという事は、車に乗っている皆さんの日常生活を陰ながら支えている事になります。自分が作った製品が使用されている車が街を走っていると、この仕事をやっていて良かったとやりがいを感じます。

佐藤 大[担当業務:成形]

1)東北KATを選んだ理由

車は幼い頃から好きで、おもちゃはミニカーやラジコンカーなどを集めていました。大人になってからも、その思いは変わらず、車関係の仕事に就きたいと思っていました。そんな時に高校時代の担任の先生から私にピッタリな会社があると進められたのが東北KATです。


2)東北KATってどんな会社?

上司、先輩方は頼れる方達ばかりで分からない事や困った事などがあると親身になって相談に乗ってくれます。また、昼食や飲み物も完全無料という福利厚生があるので、お金も掛からないですしペットボトルや空き缶等のゴミも出ないので、環境にもとても優しい会社だと思います。


3)現在の仕事内容

射出成形機というプラスチックを溶かして、製品の形を作る機械を扱っています。その射出成形機から出てきた成形品を検査し箱詰めをする作業を行っています。その他にも完成した成形品を次の工程に渡す段取り作業や違う製品を作る為に行う型替え、材料投入等を行っています。


4)どのような時に仕事のやりがいを感じますか?

金型交換作業を行った直後に射出成形機から出てきた製品は不良が多い為、一番最初に出てきた成形品をチェックし、次の工程に不良を流さないようにしています。この作業があるからこそ、次の組付け工程や塗装工程を経て製品を完成させる事が出来る重要な作業なのでやりがいを感じます。

菊池 七海[担当業務:組付け]

1)東北KATを選んだ理由

進学か就職か迷っていた時に母親から東北KATの新聞記事を見せてもらいました。その記事には、トヨタ自動車東日本が製造している車の現地生産・調達にあたり、協力会社である東北KATの重要性が書かれていました。この記事を見た時に東北KATに興味を持ち、入社の思いが強くなりました。


2)東北KATってどんな会社?

産休、育休等をしっかり取る事が出来るので女性でも安心して働くことが出来ます。職場復帰してからも、自分の子供が熱などを出してしまい、会社を早退・欠勤が必要な時でも子供の事を優先できるので、安心して仕事と家庭を両立する事が出来る会社です。


3)現在の仕事内容

私が担当している仕事内容は欠員対応です。その日によって仕事内容が違うので沢山のことを学べます。新しい仕事を行うときは、昔やった技術を活かしながら次の製品を作る事が出来ます。


4)どのような時に仕事のやりがいを感じますか?

毎回、同じ作業、同じ製品を作るわけではないので先輩社員の作業を見ながら、技術を吸収します。
初めて行う作業でも先輩から学んだ技術、過去の経験を活かしながら行うと、入社当初よりも作業スピードが格段に速くなり、成長を実感出来ます。

藤田 将之[担当業務:塗装]

1)東北KATを選んだ理由

高校卒業後の進路について考えていた時に、就職担当の先生から、東北KATを進められました。
もともと、自動車部品を扱う仕事に就きたいと考えていた事と、地元北上に貢献したいという気持ちから東北KATを選びました。


2)東北KATってどんな会社?

工場作業という事で、男性が多いイメージを持つかもしれませんが、女性もとても多いですし、全体的に若い人が多いです。先輩や上司の方も良い意味で上下関係が無く、気さくに話せます。社員同士も仲が良いので会社全体がとても良い雰囲気です。


3)現在の仕事内容

自動車に付く内装部品の塗装作業を行っています。その他にも塗装に使用する塗料の色作りや、基材の運搬等を行います。入社してすぐに愛知県の本社で、内装塗装について勉強してきました。本社で学んだことを活かして、日々の生産に取り組んでいます。


4)どのような時に仕事のやりがいを感じますか?

作業効率を上げる為に、塗装メンバーで話し合いを行って新たな作業方法を考案し、試してみます。しかし、なかなか初めからうまくはいきません。そこからメンバーで何度も試行錯誤を重ねて作業時間が低減させることができ、その結果、生産性を上げる事が出来た時は、とても達成感とやりがいを感じました。

随時受け付けております。

お問い合わせはこちら

▲上に戻る